〔テーマ別動向予測シリーズ〕 「移動無線通信システム」技術開発実態分析調査報告書

〔テーマ別動向予測シリーズ〕 「移動無線通信システム」技術開発実態分析調査報告書

26955円

〔テーマ別動向予測シリーズ〕 「移動無線通信システム」技術開発実態分析調査報告書

〔テーマ別動向予測シリーズ〕 「移動無線通信システム」技術開発実態分析調査報告書:私たちの焦点は、卓越したサービスを通じて究極の体験を提供することです。 【お気に入り】,高評価!,超特価激安〔テーマ別動向予測シリーズ〕 「移動無線通信システム」技術開発実態分析調査報告書

〔テーマ別動向予測シリーズ〕 「移動無線通信システム」技術開発実態分析調査報告書

赤十字病院について

お見舞いメール

〔テーマ別動向予測シリーズ〕 「移動無線通信システム」技術開発実態分析調査報告書

大森赤十字病院の災害救護活動



■パテントテック社 

■編集者:インパテック株式会社
■発刊日:2015年11月30日
■資料体裁:A4判、245頁、簡易製本
■ISBN:978-4-86483-610-4



★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス

■本誌の特徴等
1.調査目的
 「移動無線通信システム」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)どの移動無線通信システム関連企業にどのような技術の公開があるか、
 (2)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、
 (3)最近10年余における関連技術の消長はどのようになっているか、
 (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、
 (5)直近2年間における企業及び技術の注目すべき動向は何か、
 (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか、
等を明確にして、知財の現状に付き具体的データを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「移動無線通信システム」に関する過去10年余(国内公開日:2005年1月1日~2015年9月30日)に及ぶ公開特許について、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は 72,606 件 である。

3.報告書の構成
 本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。
1.パテントマップ編
 A.2013年10月~2015年9月に新規出現した出願人、分類による動向分析
 B.全般分析
 C.上位20出願人比較分析
 D.上位5出願人個別分析
 E.上位2社比較分析(1位クゥアルコム、2位NTTドコモ)
 F.上位20特許分類分析
 G.特定特許分類分析
 H.キーワード分析
 I. 弁理士(特許事務所)の動向分析

2.パテントチャート編

3.総括コメント

3. 本報告書の特徴
● 「移動無線通信システム」に関する最近10年余、さらには直近2年間(最新月まで)の技術動向が分かりやすく把握できる
● 本技術分野に関係する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる
● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい




はじめに

調査分析結果

1.パテントマップ編

A.2013年10月~2015年9月に新規出現した出願人、分類による動向分析

A-1.出願人別公開件数ランキング(上位20)
A-2.FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位20)
A-3.Fターム分類別公開件数ランキング(上位20)
A-4.FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、四半期)
A-5.Fターム分類別公開件数の推移(上位20、四半期)
A-6.FIサブグループ分類別出現・消失状況(公開件数上位20)
A-7.Fターム分類別出現・消失状況(公開件数上位20)
A-8.出願人別公開件数伸長率(公開件数上位50)
A-9.FIサブグループ分類別公開件数伸長率(上位50)
A-10.Fターム分類別公開件数伸長率(公開件数上位50)
A-11.出願人(上位20)とFIサブグループ分類(上位20)の相関
A-12.出願人(上位20)とFターム分類(上位20)の相関
【資料1】2013年10月~2015年9月に新規出現したFIサブグループ分類リスト
【資料2】2013年10月~2015年9月に新規出現したFターム分類リスト(上位100)

B.全般分析

B-1.全体の技術開発ライフサイクル
B-2.公開件数の推移(年次と累計)
B-3.出願人数の推移(年次と累計)
・ ・
・ ・
B-25.FIメイングループ分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差7名以上)
B-26.FIサブグループ分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差99名以上)
B-27.Fターム分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差20名以上)

C.上位20出願人比較分析

C-1.公開件数比較(期間着目:2005年~2009年 VS 2010年~2014年)
C-2.公開件数の推移(累計)
C-3.共同出願人数の推移(累計)
・ ・
・ ・
C-13.審査・権利状況
C-14.公開件数の伸びと1位Fターム分類5K067EE02に関する構成率比較
C-15.発明者数*FIサブグループ分類数の比較

D.上位5出願人個別分析

D-1-1.【クゥアルコム】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
D-1-2.【NTTドコモ】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
D-1-3.【日本電気】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
D-1-4.【京セラ】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
D-1-5.【パナソニック】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
D-2-1.【クゥアルコム】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
・ ・
・ ・
D-3-1.【クゥアルコム】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
・ ・
・ ・)
D-4-1.【クゥアルコム】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
・ ・
・ ・
D-5-1.【クゥアルコム】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
・ ・
・ ・
D-6-1.【クゥアルコム】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
・ ・
・ ・
D-7-1.【クゥアルコム】共同出願人:0人
・ ・
・ ・

E.特定2社比較分析(1位クゥアルコム、2位NTTドコモ)

E-1.2社の上位10FIサブグループ分類別公開件数の推移(年次)
E-2.2社のクゥアルコム上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
E-3.2社のNTTドコモ上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
・ ・
・ ・
E-9.NTTドコモの公開件数伸び変遷
E-10.2社とFターム分類(上位20)との公開件数相関
E-11.Fターム分類別公開件数グロスランキング(上位10)

F.上位20特許分類分析

F-1.FIメイングループ分類別公開件数比較(上位20)(2005年~2009年 VS 2010年~2014年)
F-2.FIサブグループ分類別公開件数比較(上位20)(2005年~2009年 VS 2010年~2014年)
F-3.Fターム分類別公開件数比較(上位20)(2005年~2009年 VS 2010年~2014年)
・ ・
・ ・
F-13.FIメイングループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
F-14.FIサブグループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
F-15.Fターム分類別公開件数占有率(公開件数上位20)

G.特定特許分類分析

G-1. 特定特許分類分析(1)
 G-1-1.特定FI サブグループ分類の公開件数の推移(年次)
 G-1-2.特定FIサブグループ分類の上位20出願人別公開件数の推移(年次)
 G-1-3.特定Fターム分類の公開件数の推移(年次)
 ・ ・
 ・ ・
 G-1-16.特定Fターム分類5K067EE02の出願人別公開件数ランキング(上位50)
 G-1-17.特定Fターム分類5K067EE10の出願人別公開件数ランキング(上位50)
 G-1-18.特定Fターム分類5K067BB21の出願人別公開件数ランキング(上位50)

G-2.特定特許分類分析(2)
 G-2-1.特定Fターム分類5K067AA関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
 G-2-2.特定Fターム分類5K067BB関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
 G-2-3.特定Fターム分類5K067DD関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
 ・ ・
 ・ ・
 G-2-24.特定Fターム分類5K067BB関連の公開件数伸長率変遷
 G-2-25.特定Fターム分類5K067DD関連の公開件数伸長率変遷
 G-2-26.特定Fターム分類5K067EE関連の公開件数伸長率変遷

H.キーワード分析

H-1.弁理士(特許事務所)別公開件数ランキング(上位40)
H-2.弁理士(特許事務所)別公開件数の推移(上位40、年次)
H-3.上位40弁理士(特許事務所)と上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
H-4.上位40弁理士(特許事務所)と上位40出願人との公開件数相関

I.弁理士(特許事務所)の動向分析

I-1.弁理士(特許事務所)別公開件数ランキング(上位40)
I-2.弁理士(特許事務所)別公開件数の推移(上位40、年次)
I-3.上位40弁理士(特許事務所)と上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
I-4.上位40弁理士(特許事務所)と上位40出願人との公開件数相関

2. パテントチャート編

(1)日本信号の時系列チャート分析(2005年~2015年9月)
(2)グーグルの時系列チャート分析(2005年~2015年9月)
(3)日本信号のFタームテーマコード分類の1位、3位と上位2発明者のマトリクスチャート分析(2005年~2015年9月)
(4)グーグルの上位2Fタームテーマコード分類と上位2発明者のマトリクスチャート分析(2005年~2015年9月)
(5)グーグルのFタームテーマコード5K067の技術分類マトリクスチャート
(6)バルジャ、シュミート(グーグル)の公報1件のサイテーションマップ

3. 総括コメント

<参考資料>
【資料3】出願人統合リスト
【資料4】上位20出願人の発明者リスト
【資料5】クゥアルコムの2015年6月~9月における全公報244件の審査権利状況リスト
【資料6】パテントマップ・パテントチャートの種別と見方









【重要】新型コロナウイルス感染症に伴う当院の対応について

●当院の新型コロナウイルスワクチン予防接種予約方法について(予約受付終了しました)

    1. 入院患者さんへのお願いはこちらをご覧ください。
    2. 新型コロナウイルスの感染症が心配な場合はこちらをご覧ください。
    3. 連携医療機関の皆様はこちらをご覧ください。
      新型コロナウイルス感染症(COVID-19)検査実施について
    4. 外来受診についてのお願いはこちらをご覧ください。
    5. 面会禁止についてのお願いはこちらをご覧ください。
    6. 新型コロナウイルス感染症患者受入状況
      入院患者延べ数4517人(2021年11月30日時点)

お知らせ

  • 患者さん
  • 医療機関
  • 採用情報
  • その他
  • 休診情報
受付時間 830分~1100
休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
夜間・休日の救急診療を行っています。

〔テーマ別動向予測シリーズ〕 「移動無線通信システム」技術開発実態分析調査報告書

〔テーマ別動向予測シリーズ〕 「移動無線通信システム」技術開発実態分析調査報告書:私たちの焦点は、卓越したサービスを通じて究極の体験を提供することです。 【お気に入り】,高評価!,超特価激安〔テーマ別動向予測シリーズ〕 「移動無線通信システム」技術開発実態分析調査報告書